現代日本の集合住宅作品の言説におけるコミュニティ

集合住宅の設計に際して建築家が好んで用いてきたと思われる「コミュニティ」という語に着目し、言説上における「コミュニティ」の意味およびこの語を用いて語られた主題を比較検討した。その結果、一義的には社会的な意味を表す「コミュニティ」という語を空間的な意味においても用いつつ、集住の意味といった<内在的>視点、集合住宅の物的<構成>、集合住宅を取り囲む<環境>の3つの視点を中心に自作を位置づけてきたことを見いだした。また、集合住宅を「コミュニティ」という語による意味付けから遠ざけようとする論調もみられ、これは空間のまとまりを人のまとまりに直結させずに、建築空間と人との関係を相対化する姿勢と考えられる。


"Community" in Discourses on Contemporary Japanese Collective Housing

 The word "community" is often used by architects in the context of designing collective housing. The meanings of "community" as used in different discourses and subject matters containing "community" were examined and compared. The architects often used "community" in a spatial context and mainly positioned their works from three perspectives of community: the collective dwelling, the collective structural form of houses, and the environment surrounding the collective housing. However, some tried not to associate the word "community" with their work. This may have been an intent to distinguish the unity of architectural space from the unity of human collective living.


本論  梗概  分類  図1  図2  表1  表2