我が戦友、蓮に捧ぐ


これはわたしの戦友、蓮の30歳の誕生日を記念および祈念して贈った手紙である



蓮さん、君は三十年の何倍も生きてきた
八人の重荷を背負って生きてきたから
もう十分に生きて疲れたと思うかもしれないけれど
他の人には体験できない半生、それは君だけの貴重な宝物

君の身体、君の細胞はこれから脂ののってくる三十歳
やりたいことができる転機の歳だ
やれることとやれないことがじきに解ってくるから
大脳皮質を飛び出して、心身ともによいことを始めてみないか

楽に死ねたらと死に方を考えるのも、精神のクスリになるけれど
自分にとって楽しいこと、癒しになること
それらを想い、実践することも貴重なクスリだよ

忙しすぎるかもしれないけれど
八人の囁きや呻きを聴きながら
みんなが少しずつ楽になれるといいね



哀羅さん、君はよくぞここまで生きてきてくれたね
精一杯、蓮さんの危機を救ってきた
君は少年時代を保ったまま
三十年彼の身代わりになってくれた

君は傷ついた心を身体に刻み
額の十字架でその痛みを贖おうとしている
君が贖うべきものは君の罪じゃないんだ
贖うべきものは君の君に対してされた罪

君が赦しを請う必要はない
君はもう十二分に赦されているんだ
これからも刻み続けるかもしれないけれどそれだけは解って欲しい

蓮とは憎しみ合うのではなくて共に歩んでいこうよ
お互い長年付き合ってきたのだから
蓮はもう君のことを心の底では十分赦しているのだから



アラズさん、君は蓮の純粋すぎて自分で自分を窮屈にしている代わりに
人間として誰しもが持っている衝動を開放してくれているね
蓮が繊細であればあるほど君は激しい行動にでる
蓮がもっと楽な日々を送っていればいいのにねv
光と影
アラズさんと蓮のどっちがどっちかは僕にはわからない
両方とも影だって思うかもしれないけれど
全てが影ってことは絶対ないと思うんだ

バイクをぶっ飛ばす連中はどこにでも居るし
衝動を抑えきれずに暴れることがあってもいい
ただ普通の連中と違うのはその行動に深い意味があるってことさ

今度蓮に逢ったら肩のひとつもたたいてやれよ
俺に負担なんかかけないように
もういい年なんだからもっと気楽に生きようぜってな



天翔さん、あなたは普段蓮を無言で見つめているね
0度の視点から見つめているあなたは大切な存在だよ
七転八倒する蓮を天上から見下ろしている
どう転んだっていいじゃないかという姿勢は貴重だよ

他の仲間たちが足掻いている時でも
君は透徹した眼で
だからそれがなんなんだって
深い空虚の底からつぶやいているね

君は三十年間生きてきた蓮を幾十万光年の彼方から見据えているね
大事なことだよ
他の連中は志向性が強すぎるからね

君は三十年間生きてきた蓮をその体内から囁いている
蓮が苦しんでいるとき無言で見つめてばかりいないで
どうでもいいことだろって教えてやってくださいよ



華蓮さん、あなたは蓮という男の体内から生まれ出た愛娘
蓮の部屋にあるどんな人形たちよりも君は愛されているよ
正確に言うとあなたは蓮の胎内にいるのだから
あなたは蓮の胎内にいて蓮の慰め役をつとめてくれている

あなたにとっては迷惑な話かもしれないけれど
蓮は独りでは生きてゆけないんだよ
それは蓮が弱いからではなくてあまりに生きることが難しいから
どうか蓮のことを大切にしてやってください

わがままを言ってもいい
おねだりをしてもいい
ただ蓮は生きることで精一杯で手が回らないかもしれないけれど

あなたは自分が不幸だなんて思わなくていい
蓮はつらい歩みをしているかもしれないけれど
だれよりも蓮に一番愛されているのだから



沙羅さん、あなたは蓮が表で男らしく生きようとする裏なのですね
蓮は繊細で両性の感覚をもっているのに俺で生きているから
時々あなたが乙女として女物の洋服を買ってみたりするのですね
蓮の知らないところで均衡を保っていることは大事なことと思います

あなたがいて蓮がいてみんながいて一人の人間なんです
どうか優しい乙女の視線で見守ってやってください
蓮はあなたが買ってくるものは使わないけれど
きっと女性として買ってくることに意味があるのでしょう

蓮はいま、心理状態も身体も経済にも余裕が無いようです
なるべく安くて女性らしいものにしてやってください
ウインドウショッピングでもよければそれでもいいのですよ

あなたと蓮は表裏一体
うまく付き合ってください
蓮もあなたも壊れてしまわないように



零さん、あなたは原罪を真正面から受け止めてしまう人なのですね
産まれいずる時に持たされる存在という罪
あなたは、存在に苦しみ、天と地を必死で走り回っている
その原罪とは何かを疑ってみることも無く重圧に喘いでいる

「あなたはこの世に産まれてくるべき存在じゃないんだ
」 幼いころにそう教えられて君はそれを忠実に信じている
でもその言葉は神から言われたことだったのでしょうか
たったひとりの人間から言われたことではなかったのでしょうか

子供は親から教えられたことを真実として受け止める
君は子供のまま三十年間生きてきてしまった
たったひとりの放った暴言を抱えたままここまできてしまった

君はこれからもずっと幼年のままでいるかもしれない
でもこれだけは解って欲しいんだ
産まれいずることは罪ではなくて祝福なんだということを



焔さん、ごめんなさい、正直僕は君の事を知らないんだ
でも何かのエネルギーを持った存在のように僕には思える
魂の根源、生きる原動力、そう、死の世界までに行くまでの人魂
もし違っていたら、ごめんね

でも、一個の人間として他の人たちに欠けているものはそれしかない
だから僕は君のことを半ば確信をもってそう思っている
君がいなければ蓮はとっくに死んでいる
そう思って疑わない、君こそもっとも大事な存在だよ

どうかもっと自信を持ってくれ
自分が蓮の中心にいるんだと
自分がいてみんなが生きているんだと

どうかみんなを照らしてくれ
みんな暗がりに生きているから
もっと輝いてくれ、その力の限りに



緋々さん、僕らは詩を以って会話しているね
そのまま普通の言葉で言ってしまっては心臓をひと突きにするような
そんな言葉は詩のオブラートで包まないと自分自身が壊れてしまうから
詩を以って表現するといった選択は賢いものだと思う

そう、何もかも唄にして、何もかも蹴散らして進むんだ
詩こそ蓮の盾、蓮の剣
詩が無くては蓮は丸腰で戦わなくてはいけない
そうしたら蓮は即死するだろうね

吐き出したいこと
人に聞いて欲しいこと
詩にしなければ、言葉が痛すぎるし誰も聴こうとはしないだろう

僕が今書いている詩が普通の言葉に近すぎて
君の内臓をえぐってしまうようなら申し訳ない
ひとこと痛いといってくれたらすぐに書き直すよ



HOME